ヘルプ

日本と台湾との絆でもある日本一大きな木造鳥居

  • 21

写真: 日本と台湾との絆でもある日本一大きな木造鳥居

写真: 南池から流れる小川に架かる橋 写真: 大鳥居をくぐり正参道を進んだ突き当たり・五箇条の御誓文

南参道と北参道の出合い口のところにある第二の鳥居がこの
大鳥居です。
高さ12メートル
幅が17.1メートル
柱の太さが直径1.2メートル
重さが13トンもあり

木造の明神鳥居としては日本一の大きさを誇っており、
この大鳥居に用いられている巨木は、
台湾の山奥にあった樹齢1500年を超える巨木であるとのことです。

巨木を山奥から搬出するのは困難なことでしたが、
明治天皇と昭憲皇太后をおまつりする明治神宮と、
英霊をまつる靖国神社へ奉献する為であることを聞いた台湾の人々はおおいに感激して
孫海氏をはじめとする台湾の人々が積極的に巨木の搬出搬送に協力してくださり、
巨木は無事日本へ辿り着いて、その4年後の昭和50年12月23日に竣功奉告式が行われたそうです。


★あらましをさらりと書きましたが、
詳しくは下のURL(明治神宮公式頁)で知る事が出来ます。

鳥居の奉献に非常に尽力された東京で材木商を営む篤志家・川島康資氏、
協力くださった東和建材の富岡直衛社長、三井商事 御社
そして現地であるところの台湾の方々の積極的な助力協力の大変素晴らしい逸話ですので、
是非とも下記の明治神宮の公式頁から詳しいご由緒をご覧下さいませ。
http://www.meijijingu.or.jp/qa/jingu/12.html

お気に入り (0)

まだお気に入りに追加している人はいません。

コメント (0)

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントするにはログインが必要です。フォト蔵に会員登録(無料)するとコメントできます。